アジアパシフィック KF 選手権 in SUGO

4月23~26日

タイムトライアル 3位/21台

予選

ヒート1 4位/21台

ヒート2 4位/21台

プレファイナル 2位/21台

決勝 3位/21台


急遽参戦することになったアジアパシフィック選手権。
今回のレースは大会格式が国際ルールで行われた。
メンバーは残念ながら日本人しか参戦しておらず、やや寂しい国際レースだった。
レースウィークは1日目の練習こそ手応えを感じていたものの、レースが近づくに連れて思うような展開にならず苦戦。
なんとか表彰台に乗るのが精一杯だった。


4月23日(木) 晴れ ドライ
午前中は車検、受付などで午後から4本走行があり、最初の1本目は路面状況が悪いのもありキャンセルをし、2本目、3本目はエンジンの慣らし、フレームのチェックを行った。
全日本の開幕戦から時間が少なかった為なかなか準備ができていなかったので一つ一つ確認していった。
最後の走行で全開走行をしてフィーリングを見た。
車のバランスはスタンダードの状態でも非常に良く扱いやすくすぐにタイムがでた。
路面が変わることを想定してセットは何もいじらず走行を続けた。
最後のセッションはトップタイムで終わることができた。



4月24日(金) 晴れ ドライ
今日は6セッションあり最初の1セッション目はあまりにも路面に埃が多かった為パス。
2セッション目から走行を開始。
最初はエンジンの確認とFr周りの小変更で方向性を見ていき3セッション目に大きく変えていった。
しかし自分が思っていたよりも車のバランスが悪化してしまった。
4セッション目からまた元に戻していったが、昨日と路面コンディションが変わり昨日みたいな車のバランスの良さがなくなってしまい、特にRrのグリップ感が無く一発タイムはそこそこ出るもののレースシミュレーションではタイムダウンが他選手より大きく結局一日色々とセットを探ったが、上手く解決ができずに終わってしまった。



4月25日(土) 晴れ ドライ

ウォームアップ
土曜日からレーススケジュールの始まり。
金曜日の反省からシャーシを色々と変更してタイムトライアルに向けて試した。
フィーリングは金曜日から少し改善され良い方向性を見つけることができた。
ウォームアップでは大半のドライバーが新品タイヤだったが、自分はロングランが課題だったので中古でいきトップからコンマ3遅れの11番手だった。

タイムトライアル
タイムトライアルはグループ分けがあり、僕は2グループ目の出走だった。
タイムトライアルがスタートして少し待ってから出て行ってスリップを使ってアタックしたくてスペースを見ていたが、マークが激しくスリップが使えなかった。
しかし思ったよりもフィーリングが良くトップを狙ったが、2グループ目のトップ総合3位だった。

予選1
予選は2ヒートありそれぞれの順位の結果でプレファイナルのグリットが決まりる。
スタートはイン側が遅れ6番までドロップ。
中盤までに4番まで上がることができ、3番に追いつき抜く距離までいったがRrのグリップダウンが始まり苦戦。
まだ同じタイヤで2ヒート走らなければならないので無理をせず終盤は労わり4番ゴール。

予選2
後半のペースを改善すべく少し変更していった。
スタートは決まり2番手に浮上。
しかし序盤での攻防でミスをしてしまい7番までドロップ。
3,4周目からは1ヒート目より調子が良く4番まで上がれた。
ペース的に2番まで上がれそうだったが中盤過ぎからまた1ヒート目と同じ症状になりペースダウン。
結局このヒートも4番でゴールした。



4月26日(日) 晴れ ドライ

ウォームアップ
昨日のRrのグリップ不足を改善すべく大きく変えていった。
新品タイヤだったが、昨日とフィーリングは変わらず。
一発タイムはでるもののなかなか良いタイムでラップができなかった。

プレファイナル
昨日の結果から4番手からスタート。
ウォームアップで悪かったので、シャーシ、エンジンを変えていき、昨日は序盤のミスが多かったので気を引き締めていった。
スタートはアウト側が良く2番手に浮上。
序盤はしっかり抑えることができ、ペースも良くトップを追っかけていった。
車は昨日より良くプッシュしたが追いつけずそのまま2番でゴール。

決勝
プレファイナルは悪くなかったので車は小変更だけでいった。
今回のレースは前半の頑張りが非常に重要で序盤を何が何でもやってやる気持ちでいった。
しかし、ローリングでミスをしてしまい、6番手からスタートする羽目になってしまった。
スタートしてすぐに5番に上がりプッシュした。
最初の2,3周は周りと変わらなかったがペースは良く前の4台に追いついた。
前が仕掛けるまで待っていて前が仕掛けているときに2番に上がった。
トップは少し離れていて周回数は残り17周。
プッシュしていたがなかなか追いつかない。
むしろ昨日の予選みたいな悪いフィーリングになってしまいペースダウン。
逆に後ろのドライバーに抜かれ3番にドロップ。
Rrのすべりを抑えるのが必死でまったくペースを上げられず3番ゴール。
プレファイナルの感覚だと行ける感じがしたのに非常に残念だった。


今回は急遽参戦でしたが、久しぶりの市販タイヤで週末はずっとロングランでの問題が解決できず悔しい結果になってしまいました。
また僕自身もレース中のミスが多かったレースでした。
しかしそんな中表彰台に乗れて良かったし9月にある全日本菅生戦のいい練習、課題ができました。
今回もスポンサー様、チーム、応援してくださった方々ありがとうございました。
次は全日本瑞浪!昨年勝った相性の良いコースなのでまたしっかりやっていきたいと思います。

朝日 ターボ