2015 全日本カート選手権 KF 第7戦 第8戦

スポーツランドSUGO 9月12・13日

タイムトライアル 8位/23台

第7戦

予選 DNF/23台
決勝 7位/23台

第8戦

予選 6位/23台
決勝 6位/23台



約2ヶ月ぶりの全日本。
今回はレースウィークに台風が直撃しテストなどができないままレースを迎えました。
1レース目の予選ヒートではトラブルにより落としてしまったが2レース目はまったく速さが無く入賞が精一杯。
茂原に続き不完全燃焼なレースでした。


9月12日 (土) 晴れ ドライ
昨日のコース上の川はなくなり、やっとドライで走れるようになりました。
午前の2本の練習走行ではRrのグリップが足らず苦戦。
前回のレースよりも摩耗が悪く、なかなかタイムが安定しない。
僕らがいつもレースでの強みだったロングライフ、ピークグリップの長さが悪く、他社は今回はタレが少ないようで練習走行では改善できませんでした。

公式練習
午前の練習走行で出来なかったことを試し新品タイヤでの確認をしました。
午前中の時と比べて路面が良くなり車のフィーリングも良くなり3番手タイムでした。
午前と比べてアンダー傾向で午前とまったく違うフィーリングでした。

タイムトライアル
公式練習が終わってからアンダーを消すため小変更でいきました。
コースのレイアウト的にスリップを使うのはリスクがあると判断し単独でアタックしました。
9,10コーナー最終コーナーの動きが良くなり公式練習のベストタイムを更新したものの周りはもっとタイムが上がっておりトップからコンマ2落ちの8位でした。
高速コーナーでオーバー傾向になりコースの前半セクションがいまいち上げ切れなく、帰って来てからタイヤを見たら自分が思っているよりも減っていてビックリしました。

第7戦予選ヒート
タイムトライアルでのタイヤの状況を見てセットを公式練習の状態に戻して挑みました。
がしかしエンジンがかからない。
ローリングをしている最中でもまだ僕はピットでエンジンをかけようと色々試し、運良くローリングが2周になったためエンジンをなんとかかけることができ最後尾につくことができました。
しかしここでも問題が。
エンジン始動の際にメカがキャブを触り、触っているところは見たものの2箇所のうちどっちをどのくらい触っていたか見ておらずエンジンが走りはじめからヤバイ状態。
そんな中でレースはスタート。
スタート直後に前で大クラッシュがありなんとか回避できポジションアップ。
キャブを色々考えながら戻そうと毎周キャブ調整。
それでも車自体の調子は良く、前で接触などを上手くすり抜け4周目までには9番まで追い上げることができました。
それでも車の調子が良く全体的にペースは速かったです。
しかしエンジンの調子はかなり危ない状態でキャブを触って抑えようとしましたがなかなかエンジンが安定しない、10周目に6番に上がってからエンジンの調子が悪化。
ラスト5周でエンジンが壊れてリタイヤ。
エンジンが掛からなかったのもそうですがタイムトライアル以上に最後尾から順位を上げたのにリタイヤしてしまって非常に残念でした。


9月13日 (日) 晴れ ドライ

公式練習
昨日の結果は残念でしたが車は良かったのもあり公式練習は小変更でいきました。
中古タイヤでいったのもあったのですが試したものはアンダーが強く特に最終コーナーの向きの変わりが悪く扱いにくかったです。
それでもタイムは8番手で思ったより悪くなくちょっとビックリしました。

第7戦決勝ヒート
21番手スタート。
昨日の予選でエンジンを壊してしまったので1機だけで2レース目も使わなければならないため、1レース目はエンジンを労わりポイント圏内を目標にいきました。
スタートは上手く決まりポジションアップ。
序盤で13番まで上がることができました。
予選と違い混乱は少なくだいたいみんな等間隔で走っており、中盤はエンジン、タイヤを考えながら抜いて行きました。
予選の時の追い上げでタイヤを結構消耗していた事もあり、自分が思っていたペースで走れずなかなか厳しい。
それでも後半から他者がタレてきて、ポジションを上げることができ7位でゴールできました。
中盤から後半は特にペースが悪くRrのグリップダウンが大きく抑えるので精一杯でした。

第8戦予選ヒート
予選スタート前に雨がぱらついて路面が湿って一瞬レインタイヤに変えようか迷いましたがスリックでいきました。
スタートは上手く決まり6番手に浮上。
序盤で5番まで順位を上げましたがそこからなかなかペースが上がらない。
アンダーが強く、2,3コーナーでの向きの変わりが悪く遅い。
中盤に1台抜き返され6番に後半に前がタレてきたが抜けず6位でゴール。
他と比べると2,3、8、最終コーナーが遅く向きの変わり方が遅く感じました。

第8戦決勝ヒート
決勝前に急に気温が低くなり雨がいつでも降ってきそうな雲行き。
予選ではアンダー方向だったので少しセットを変えていきました。
スタートは無難に決まりポジションキープ。
序盤は予選の時のフィーリングとはまったく違いRrのグリップ感が無くペースが上がらず9番までドロップ。
9周目あたりからグリップが少し上がりこれからもっとグリップが上がって行くだろうなと思っていましたが思ったよりもピーク幅が狭く、Rrのグリップ低下が始まりました。
それでも中盤からは他者のタレが僕らよりも多く順位を上げて行くことができたもののペースを安定させるので精一杯で終盤にプッシュする力も無く6位でゴール。
特に何も無く、何も出来なかったレースでした。


今回のレースは練習の段階から雨や台風などで思うようにテストが出来なかったのもありますが、レースでのトラブルや今までなかったRrのタレなどバタバタしたレースウィークでした。
それでも1レース目の予選、決勝の追い上げやスタート直後の場所取りが今回は上手くいったり良かった点もありました。
最終戦に向けてはレース序盤の速さが課題です。
最終戦までに改善して行きたいと思います。
今回もチームやダンロップタイヤ様、スポンサー様、そして応援してくださった方々ありがとうございました。
今回落としてしまったことでチャンピオン争いでは厳しくなりましたがまだチャンスが残っているしレースは何が起きるかわかりません。
決して最後まで諦めず、チームと一丸となってがんばります。

朝日 ターボ