2016 全日本カート選手権 KF 第1戦 第2戦

ツインリンクもてぎ 3月26・27日

タイムトライアル 6位/24台

第1戦

予選 6位/24台
決勝 10位/24台

第2戦

予選 4位/24台
決勝 5位/24台

2016開幕!!
今年でKFクラスに参加5シーズン目を迎え、大事な開幕戦。
タイヤテストでは他社よりも好タイムで調子は良かったのですが、いざレースウィークに入ったら気温が予想以上に低くまったくタイヤテストの時みたいなフィーリングにならず終始我慢のレースでした。
結果は惨敗でしたが今回の開幕戦でたくさんのことを学べたレースでした。



3月26日 (土) 晴れ ドライ
昨日もずっとRrの問題がでていたのでチームと話し合い大きくセットを変更していきました。
朝の一回目から新品でアタックして変化をみましたが気温が低かったのもあったのですが改善されておらずタイムが出ず、Rrの減りもひどく最悪でした。
午前中最後のセッションでも大きくセット変更をしていきましたがこれだけセットを変えているのにフィーリングは少ししか変わらず。
他社は逆に再走してもタイムの落ちが変わらずタイヤの表面を見ると荒れているのにタイムダウンがあまりないように見えました。

公式練習
午前中に色々試したものの良い方向を見つけられず、この公式でも今度は真逆の方向へ振ってみました。
午後からで気温が上がったせいもあったと思うのですがフィーリングは少し良くなりタイム的には木曜日と同じぐらいで他はもっとタイムがでていると思ったらでておらず6番手タイムでした。
公式でも10分フルに走ってフィーリングの変化を見ていきましたがこの週末初めて少しアンダー傾向になりました。
少し方向性を見つけることができました。


タイムトライアル
タイムトライアルに向けて少しだけセットを変更していきました。
少し遅らせてタイヤを丁寧に温めてアタックに入りました。
スペースは良いところに入れたのですが公式練習と同じタイムしかいけませんでした。
フィーリングは少し変わりましたが思ったほどの変化量はなかったです。
6番手タイムでした。

第1戦 予選
タイムトライアルの最後のアタックの時に少しアンダーを感じたのでセットを少し変えて行きました。
予選スタートがアウト側でインに入れず大幅にポジションダウン。
練習からの傾向で気温が低い時に一番タイヤが減る感じだったので無理をせず様子を見ながら行きました。
5Lぐらいからグリップが上がりペースも良く中盤に6番までポジションを戻すことができましたが、他のドライバーは思ったよりもペースが落ちず前と離されてしまい単独で6番ゴール。
後半はRrのグリップが落ちていき抑えて走るので精一杯でした。
タイムトライアルよりもだいぶグリップレベルが低くなっていました。



3月27日 (日) 晴れ ドライ

公式練習
昨日の予選の改善のために大きく変えて行きましたがRrが余計に悪くなってしまい、タイムも中古のわりには遅く減りも悪かったです。
高速コーナーのフィーリングが悪くなっていきました。

第1戦 決勝
決勝に向けて練習の結果を踏まえて変えていきました。
スタートは無難に決まり順位キープ。
序盤からバトルは激しかったのですがとにかく無理をしないように今回のタイヤは自分でももちそうに無く心配で慎重にいきました。
それでも中盤までに4番まで順位を上げられましたが、そこからRrのグリップダウンが始まり1,2,3,4コーナーがまったく踏めなくなっていきペースダウン。
逆に他のドライバーは安定していてコンマ3,4ほど違い抵抗できずドロップ。
最後は10位でゴールしました。


第2戦 予選
第1戦決勝が終わってからチームと話し合いまた違う考えで、がらりとセットを変更していきました。
スタートで前の2台が飛んでいきポジションアップ。
走り出しからフィーリングが良くこの週末の中で一番良い感じでした。
中盤までは他とペースが変わらず後半はむしろ自分が速いぐらいで一台抜き4位でゴールしました。
気温が高かったせいもありグリップレベルが安定していていい感じでした。
逆に他のドライバーはタレが大きくみえて重たそうに見えました。

第2戦 決勝
予選ではそんなにフィーリングは悪くなかったし決勝は気温が低くなりどうなるか分からなかったので小変更でいきました。
スタートは決まり順位キープ。
前半はできればトップ集団についていけたらと思って一台抜き3位に上がり、ついて行けるか少し飛ばしましたが微妙に速く、そこそこ無理しているように見えたので自分は無理せずタレないように安定させて前の様子を見ていました。
しかし10L過ぎからRrがタレてきてペースダウン、必死に抑えようと丁寧に走っていたがタレがおさまらない。
前でバトルが始まったが後ろからも追いつかれポジションドロップ。
5番まで落ちてしまい終盤はトップ集団から離されてしまい第2集団での走行となり5位でゴール。。


今回のレースはレースウィークからまったく速さがなく、セットをかなりいじっても変化がなく、レースでもいつもの後半の強さがまったくありませんでした。
とくに高速コーナーで扱いにくく大変なレースでした。
しかし色々やっただけあって2レース目は1レース目より少し改善されあの条件の中で最低限の結果を出せたと思います。
次のレースまでは時間があるので今回の反省点、改善点を洗い出し瑞浪で良い方向になるように頑張っていきます。
スポンサー様や応援してくださっている方々ありがとうございました。

朝日 ターボ