FIA-F4 選手権 第1戦 第2戦 岡山国際サーキット

2016年4月9・10日

第1戦

予選 13位/35台
決勝 14位/35台

第2戦

予選 9位/35台
決勝 8位/35台

全日本カートから約2週間あけて今回は4輪の今年初レース。
今年は念願のフル参戦が決まりすごく楽しみにしていました。
予定がなかなか合わずテストができずレースウィークからの走行となりましたがトラブルも無く日を追うごとに良くなっていきなんとか2レース目でポイントを獲得することができました。
充実したレースでした。



4月6日 (水) 晴れ ドライ
約2年ぶりの岡山サーキット、初めてのマシン、チームということでいつも以上に慎重にセッションをこなしました。
1本目はコースに慣れることに集中して1時間をコースに慣れる時間に使いました。
最後の15分ぐらいから慣れてきて車自体も大きなクセもなく安定している感じがしました。
2本目からは車のバランスやブレーキングポイントを徐々に詰めていきました。
途中でセットを変えてみたりして試し、少しずつ良くなって行きコース自体も慣れて色々と試しタイムはいまいちでしたがフィーリングは良かったです。
最後のセッションは途中までまったくタイムが出ず全体的にグリップを感じず、自分でも分からなく途中で新品を履き確認をしましたが少ししかタイムがでない。
最後の5,6分にブレーキに違和感を感じましたがチェッカーがでて終了。
終わってから確認したらブレーキバランスにちょっとしたトラブルがありそれで車の動きが悪くなっていったと分かりました。
トラブルはありましたがしっかり走り込めたので良かったです。


4月7日 (木) 雨 ウェット
2日目は午後からの走行でしたが雨。
予報では雨はどんどん強くなっていくようだったので1本目に昨日の車のチェックと岡山は雨を走ったことがないので走りました。
初めてだったので慎重に周回を重ねたかったのですが赤旗が多く30分のセッションで9Lしかできずタイヤも皮もむけずに終わってしまいました。
しかし昨日のトラブルの確認ができたので良かったです。
2本目は思ったよりも雨が強くならず行けるコンディションでしたが土日は晴れ予報で走行ラインも見たかったのでメカニックの方と一緒にコースを見に行きました。
色々と分かることがあり最後の3本目の走行を走りたかったのですが雨が強くなり走れず。
結局1本目の走行だけで終えました。


4月8日 (金) 晴れ ドライ
朝の1回目は昨日の雨が残っておりハーフウェット。
ハーフウェットも4輪ではまったく走ったことがなかったので慎重に行き、後半セクションは完全なドライなので後半セクションで車の確認をしました。
タイヤの程度の割にはタイムは悪くなく、車もそんなに悪くなかったです。
2本目で少し良い中古タイヤに変えてセットも変えて出て行きました。
他のドライバーはセッションの後半に新品に変えており、中古タイヤで走った中では3,4番ぐらいでした。
しかし車はアンダーが少し強いせいでセクター2での安定感が無く、乗り方も考えながらやっていたが改善されず。
最後のセッションは2セッション目のタイヤでセットの確認と、途中から新品で予選の確認をしました。
中古の時は2セッション目と比べて序盤からタイムが良く、フィーリングもニュートラルで扱いやすくタイムも中古のわりには良く、これでタイヤ変えたらタイムが出ると思ったのですが、バランスがまたアンダー方向に戻ってしまい、思っていたよりもタイムアップできませんでした。
タイヤを変えたら1コーナー最終セクションが遅く、コーナー出口のアンダーが強くいつまでもハンドルの蛇角が残ってしまっていて立ち上がらないなっていう感じがしました。
アンダーが出ないように小さく立ち上がるとRrが空転してしまうか、ボトムスピードが落ちてしまってタイムを上げられませんでした。
最後のセッションはトップからコンマ8落ちの13番手タイムでした。



4月9日 (土) 晴れ ドライ

予選
昨日の最後のセッションのセットとロガーをメカニックと見て、相談してアンダーを消すべくセットを変えて出ていきました。
予選は30分で出走順はチームが今年から参戦ということで最後からの出走でした。
最初の2Lはクリアラップを取るためにペースを落とし、スペースを確保して3L目からアタックしました。
思った以上に路面、タイヤのあたたまりが悪く、タイムがやっと出だしたなと思ったら赤旗。
残り時間5分で再スタートして集団の中にいたのですが、1コーナーで自分のミスでスピンしてしまいアウト側にはまってしまいました。
再スタートできず、赤旗をだしてしまい予選が終了してしまいました。 ベストタイムは13番タイムでセカンドタイムは9番タイムでした。


第1戦決勝
予選が終わってからも車の動きが変わらずアンダーだったので、セットを変えてもらい決勝に臨みました。
スタートは悪くなかったのですが1台抜かれ、慎重に行き過ぎてアドウッドコーナーとダブルヘアピンと1コーナーでも抜かれてポジションドロップ。
2L目に前で3台が絡むクラッシュがありセーフティーカー走行に。
3Lセーフティーカーが先導して5L目に再スタート。
しかしまったく仕掛けるほど速さが無くついて行くのが精一杯でした。
週末ずっと問題であったアンダーが酷く、中盤は少しフィーリングが良くなったのですが終盤はまたアンダーに苦しみ14位でチェッカー。
最低限の完走はできたものの純粋にタイムが遅く、まったく戦えなかったのがとても歯がゆいレースでした。



4月10日 (日) 晴れ ドライ

第2戦決勝
第1戦決勝が終わってからも乗り方の面やセットの話をして、中古の時の一番良かったセットでいきました。
昨日よりは良い9番手からのスタート。
スタートは悪く無く順位キープ。
バックストレートエンドのヘアピンで無理やりインに入られ、行き場がなくなり3台抜かれドロップ。
ポジションを落としたものの昨日の決勝より車が良く、序盤からペースが良く4周目のヘアピンで1台抜き11位に浮上。
中盤まで前の車に追いついていきましたが抜くまで追いつけず。
前で接触やリタイヤがあり8位に浮上し最後まで前を追いましたが、後半からタイヤがタレてきて自分には安定感が無く抜けずに8位ゴール。
昨日のレースと比べてレースのぺースやフィーリングが少し改善され、ポイントを獲得できて少しホッとしました。


今回は練習もできず新しいチームでの最初のレースで、色々と確認しながら慎重にこなしていき、なんとか問題無く無傷で完走でき、ポイントも獲得できて良かったです。
しかし今回のレース内容としてはスタートや序盤のペースなど、まだまだ数え切れないほど課題があります。
これから課題を克服すべくチームと共に一歩ずつこなして行きたいと思います。
今年はフル参戦なので1つでも多くのことを吸収していきます。
チームやスポンサー様応援してくださっている方々ありがとうございました。
次回は昨年も参加した富士スピードウェイで、昨年唯一ポイントを獲得した場所でもあります。
今回学んだことを発揮できるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

朝日 ターボ