FIA-F4 菅生テスト

2016年7月2・3日


7月2日 (土) くもり ドライ

13:00

初めてで最初は路面も悪く、様子を見ながらいきました。
車のフィーリングは全体的にアンダーで特にレインボーコーナー出口が酷く、ターンインしきれずアクセル踏むのが遅れることが多い感じでした。
ラインどりも1、2、3、SPコーナーのリズムが1回目ではつかめませんでした。
ヘアピンでは車のフィーリングは良く感じました。

15:00

コーナー入口を1回目の時より浅めに入るようにしたらリズムがつかみやすくなり良くなった。
セットを変えて少し出口のアンダーは減ったがまだアンダーが強かった。
途中で内圧を変えたら1~2コーナーでRrの動きがマイルドになって扱いやすかった。
シケイン出口の空転がへった。
レインボー、SPコーナーがまだ詰めきれなかったです。



7月3日 (日) 雨 ウェット

9:00

初めてのレインだったしタイヤだけ変えた状態だったので確かめながらいきました。
途中でセットを変えたが雨量が違いすぎてわかりませんでした。
車はブレーキからピーキーで最初の5分ぐらいはましだったが雨量が増えたら酷くなった。
グリップ感が無くヘアピン出口で空転がひどかった。

11:00

セットを変えていったら最初からグリップ感があり空転も少なく、ブレーキング時での安定感も多くなり突っ込めるようになりました。
ラインを変えてタイムもあがりました。
途中で内圧とRrのセットを少し変えたらレインボーコーナー出口でアンダーが酷かったのがクリップ~出口で回り込んでくれるようになりアクセル踏むタイミングが早くなった。
高速コーナーは少し入口から弱オーバーがでてきたぐらいで全体的に良くなった。
内圧はグリップが落ちてトラクションが減った。
それでもRrのセットが良かったのでタイムには差が出ませんでした。
まだコーナークリップ付近でFrの反応が良くないのとまだラインがつかみきれてない感じでした。


今回は初めての菅生で走行回数も少なかったが、2回ずつドライとレインで走ることができ良かったと思います。
走行時間が少ないなかでも色々発見があったので次回のレースに生かせるように考えながらやっていきたいと思います。

朝日 ターボ