FIA-F4 選手権 第11戦 第12戦 鈴鹿サーキット

2016年8月27・28日

第11戦

予選 19位/33台
決勝 DNF(接触リタイア)

第12戦

予選 17位/33台
決勝 17位/33台


前回の富士から短いインターバルで鈴鹿大会をむかえた。
今回は事前テストができたものの調子に波があり、レースウィークでは自分自身の失敗や判断力の悪さが大きくでた大会でした。
今年の中で一番悪いレースで流れを変えられず苦しく悔しいレースでした。


8月24日 (水) 雨のち晴れ ウェット→ドライ
いつもは木曜日の午後からの走行ですが今回は水曜日にスポーツ走行があり、水曜日から走行することできました。
5回の走行時間があり1,2本目はウェットで1本目にはレインであまり走ったことがないので走行しました。
走り出したら思ったより雨が強くコースと車の確認程度しかできませんでした。
2本目はレースウィークにも雨が降りそうなこともあり、レインタイヤがなくなってしまう可能性もあったのでキャンセル。
3本目は完全にドライで走行できました。
前回のテストでできなかったことからセットを進めていき、前回のテストより1,2コーナーのグリップ感やヘアピン出口の空転が少なくフィーリングは悪くないがタイムがいまいち。
4本目にセットを変更していって良くはなっていったものの、S字の切り返しがピーキーでおとなしく乗るとトラクションが悪く感じて、進入スピードを上げていくと車がピーキーで幅が狭い感じでしっくりくるものがなかったです。
最後のセッションはタイヤが距離いっていたのもあり新品でいきました。
しかし4L目の逆バンクで行き過ぎてしまいコースアウト。
出口のスポンジバリアにあたってしまいセッションを台無しにしてしまいました。
新品でのフィーリングを見なきゃいけない大事な時にもったいないことをしてチームに迷惑をかけてしまい最悪な終わり方でした。



8月25日 (木) 晴れ ドライ
木曜日からいつもの専有走行45分が2回ありました。
1回目は昨日の最後のタイヤでいきましたがタイヤの状態が良かったわりには動きが悪く、特にセクター3のタイムが平均コンマ6、7遅く、他はコンマ1,2落ちで走れてはいてS字の切り返しでRrの滑りが大きく、2回目にセット変更していきましたがタイムを更新できず、むしろ悪い方向へいってしまい、他がいいタイヤを入れたこともありタイム差がひらいてしまいました。
乗っていても特別に悪いところが無く全体的にスピードがない。
タイムも前回のテストより同じタイヤの条件でも出ていなくて、本当に悪い原因が見つからずに終わってしまいました。


8月26日 (金) 晴れ ドライ
昨日終わってから乗り方のアドバイスとセットアップについて話し合い、セットは前回のテスト時のセットに戻して1回目はいきました。
距離のいっているタイヤで乗り方を色々と変えて、S字のラインやデグナー出口を試しましたがしっくりくるものが無く、タイムは変わらず。
2本目ではセットはそのままでタイヤを新品でいってアタックしました。
タイムは上がりフィーリングはそんなに悪くなく、セッション中に速いドライバーに大きく離されず、特に離されるところはヘアピンから130Rまでが遅く、他は思ったより差はなかったです。
このセッションは9番手でセクター3がトップよりコンマ7遅く、他はコンマ1,2秒差でした。
セクター3をタイムアップできれば戦えそうな感じで、3回目も新品でセットを変えていきました。
S字は少し良くなってタイムは少し上がりましたが、高速コーナーでRrの動きがピーキーで乗りにくく、乗り方を工夫してみたりしたがセクター3のタイムを上げることができず終わってしまいました。最後のセッションは半分以上が新品で走っていて、トップと1秒差の17位でした。
非常に混戦。
終わってからチームとロガーやコースを見に行ってみたり、予選に向けて話し合いをしました。
木曜よりは少し良くなりましたがどうしてもセクター3が遅いのがネックで、改善しきれず終わってしまったのが非常に悔しい1日でした。



8月27日 (土) 晴れ ドライ

予選
チームと話し合いGTのフリー走行のあとで路面が変わるのも考えながらセットを少し変えていきました。
今回も予選中に赤旗がでるのを考えて最初からタイムを出しにいきました。
計測2周目に思っていたとおり赤旗が出て中断。
タイムをすぐ出しにいっていたので中断時は10番手でした。
再開後は自分自身行き過ぎているところもあったりで、出口のアンダーが強く自己ベストをコンマ1しか更新できず終わってしまいました。
周りはタイムを昨日より更新していてトップと1秒5差の19位と17位でした。

第11戦 決勝
予選終わってからロガーで確認して自分自身の乗り方に要因がいくつかあったので、順位も悪いこともありその部分を治すことだけを考えていきました。
スタートはかなりうまくいき、2台抜きポジションアップ。
オープニングラップのシケインでも抜き16位に浮上。
前の方は団子状態で自分のペースも良く、前にも全然ついていけて悪くない感じでした。
2周目のスプーンコーナー出口で前がミス。
バックストレートでスリップに入り130R入口で並んだ瞬間、相手が横を見てなかったのか普通に寄ってこられて自分は行き場を失いイン側の縁石に乗ってスピン。
そのままアウト側のバリアに突っ込んでしまいリタイア。
体は無事でしたが車は壊れてしまいました。
ペースも悪くない感じでしたが自分の状況判断が甘くチームに大きな迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
後ろを走っていたドライバーはポイント圏内まで上がっていけていたので、非常にもったいないレースをしてしまい自分に腹が立ち落ち込むレースでした。



8月28日 (日) 雨 ウェット

第12戦決勝
昨日のレースが終わってから夜遅くまでチームの方々が必死で直していただき、車は元の状態で決勝に挑むことができました。
本当に感謝しかありませんでした。
朝から雨が強く今年2回目のレインレース。
しっかり直していただいたので気持ちを切り替えていきました。
スタートはセーフティーカースタートで2周目からスタートしました。
雨が強いこともあり、序盤は少し慎重にいって4周目のシケインで1台抜きポジションアップしましたが、1コーナーでオーバーランしてしまい4台抜かれポジションドロップ。
そこから1台抜き返して前を追いかけましたが、高速コーナーの入口からオーバーが酷く扱いづらく、S字やヘアピンのフィーリングは良かったのですが高速区間がペースを上げられず、終盤に少しずつ良くなっていきましたが前に追い付かず。
17位でチェッカーをうけました。
最終ラップにベストタイムがでていたこともあり、後半よりのセットにし過ぎていたのかなと思いました。
車のグリップ感がまだウェットで感じとれていない部分があるのも実感しました。


今回のレースは前回の富士大会から調子を上げられず、しかも自分自身で流れをどんどん崩していってしまい、チームに大きな迷惑をかけてしまいました。
今までで一番ひどいレースでした。
注意力、判断力の悪さを改めて実感しました。
反省点がかなり多いです。
ここのところずっと流れが悪く落ち込むことが多いけれど、今の現状とちゃんと向き合い私生活からもっと見直して努力して次戦の準備をしていきたいと思います。
スポンサー様や応援してくださっている方々、今回夜遅くまで車を直していただいたチームの皆さん本当にありがとうございました。
次戦のF4は2か月後なのでこの2か月をしっかり無駄が無いように過ごし準備していきたいと思います。
次戦の最後のレースも頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします。

朝日 ターボ