VLNシリーズ 第5戦 6時間

2019年8月3日

ドイツ / ニュルブルクリンク


予選 SP−8クラス2位  総合53位/153台

決勝 SP−8クラス2位  総合27位/144台

今年3月のVLNに参戦して以来の3回目のVLNレース。
今回は前回のレースでニュルライセンスのグレードアップし、SP-8クラスにRC-Fで参戦させてもらいました。
金曜日の走り始めから車のパワーに圧倒され、しかも当日の予選は初めての雨。
予選のアタックはしていませんがニュルの独特のコンディションにまた圧倒、恐怖を感じさせられました。
決勝は自分のスティントはドライで走り、タイムも先輩ドライバーに近いタイムを出すことができ、トップまであと一歩の2位でした。



8月2日 (金) 曇り ドライ
午後4時から2時間の走行で最初の40分では、日本ではあり得ない同乗走行があり、そこから5周走行しました。
たった5周ですが、40分ほどかかる為、2時間の走行で大半を走り、印象としては86より速度域がかなり高く、簡単に全開で走れたところがブレーキしなければならないところがあり、86とは印象が違い最初の3周はおっかなびっくりで走っていましたが、ラスト2周で慣れてきて最低限の9分切りで走れました。
車が重いのもあってブレーキングが86よりABSが入ってしまうことが多く、予想以上に止まらない感じでした。
ただ動きや車のバランスはアンダー方向で味付けは似ているなと思いました。
スピードレンジも高く、怖さはかなりありますが楽しさもかなりあり、新しい体験をした1日目でした。


8月3日 (土) 雨 曇り

予選
朝起きたら予報通り雨。
わかってはいたがこのタイミングで...予選はニュルを知っているチームメイトが1周だけアタック。自分は予選はリスクを犯さずコースの確認程度で1周だけしました。
アウトラップから、聞いてはいたが全くグリップが無くてびっくり。
グランプリコースは良かったが、ノルドシュライフに入った途端にダブルイエロー。
イエローがなくなってからはグリップレベルが更に違い、思ったより上手く走れなかったです。
コースの後半に差し掛かると急に晴れてきてコンディションが大きく変わりびっくり。
全く経験したことないコンディションで1周だけでプッシュはできませんでしたが、ニュルウェザーの怖さを感じました。
その後は雨が強くなりタイムは更新できる状況ではなかったので終了。
総合53位、クラス2位でした。

決勝
ピットウォーク中は土砂降りで、決勝もウェットでレースになると思っていましたが、始まる30分前に雨が止み始めました。
スタートはニュルのベテランドライバーのUwe選手に行ってもらい、自分は3スティンと目に走行でした。
スタートは順調に決めてくれて、順位はタイヤの関係で3位に落ちましたが、ウェットの中さすがベテランというだけあって安定したラップで走ってくれて、3周目に路面が完全に乾いたのでタイヤをドライにチェンジ。
路面は完全ドライになり、追い上げを期待しましたが思ったより追いつかず。
14周目にドライバーチェンジ。
こちらも例年ニュルを走っているベテラン小山選手。
アウトラップからペースが良く、少しずつ差を縮めていけてました。
折り返しの3時間過ぎにトップがマシントラブルでコース上にストップ。
これで2位に浮上。
トップの車両もドライバーによってはかなり遅いドライバーがいたり、燃費が自分たちより悪いのかピットも早めで入っており、少しずつ差が縮まってきていました。
残り2時間で入ってきてドライバーチェンジ。
自分に交代。
アウトラップから新品タイヤとタイヤウォーマーのお蔭でかなりグリップ感があり、1日目の走行よりガンガン攻めていけました。
車のバランスは相変わらずアンダーでFrタイヤの摩耗は苦しかったです。
クラッシュ車両がかなり多く、1周イエローフラッグが提示されなかった周は2周しかなかったけど、そこでベスト更新。
チームメイトに2秒差まで来れていいタイムでした。
トップとの差は縮まらず厳しい展開でしたが、自分のスティントは大きな問題を起こさず、無事に終えることができたので良かったです。
最後のスティントはベテラン小山選手に託し、最後までプッシュして追い上げを試みましたが一歩足らず2位でゴール。
総合27位。

今回は初めてのマシンで速さも86より1分以上速く、最初は少し戸惑いましたが決勝のラスト2周は楽しみながら乗ることができ、ベストタイムも走り慣れているドライバーと変わらないぐらいまで行けて良かったです。
次の挑戦はどうなるか分かりませんが、今回の経験でまた更に上のカテゴリーへの準備が出来てきたのではないかなと思います。
このようなチャンスを下さったチーム、スポンサー様、応援して下さっている方々ありがとうございました。
次回はいよいよカートの世界選手権の前哨戦です。
ここでしっかり学習して世界選手権に繋げていけるように頑張ります。

朝日 ターボ