2022 全日本カート選手権 OK 第5戦・第6戦

オートパラダイス御殿場 7月30・31日

タイムトライアル 19位/35台

第5戦 予選 13位/35台 決勝 10位/35台

第6戦 予選 DNF/34台 決勝 17位/34台

後半戦になるA P G大会。
昨年は序盤にトップ争いを演じることができた比較的相性の良いコース。
レースウィークは昨年と違いドライでの走行でしっかりテストを行ったが予想以上に苦戦。
タイムトライアルでは課題としている一発タイムが出ない。
1レース目こそ何とか自分の持っているタイム以上の順位を獲得できたが、2レース目は混戦の中で接触。
決勝で追い上げ2レースともポイントを獲得できて良かったが昨年感触良かっただけに非常にガッカリなレースだった。



7月28 〜 29日 テスト
木曜、金曜のテストでは1日目の走り始めこそタイムは良かったが、フィーリングはこれまでタイヤテストではなかった症状がで始めており1日目からアンダーステアに悩まされていました。
2日目からセットアップで色々な方向性から探り、気温やコンディションによっては他社に大きく近づく時もあり2日間のテストでは大きく悪い感じはなかったものの根本のアンダーが改善されないのが課題でした。


7月30日 (土) 晴れ ドライ

公式練習
午前の走行では徐々に良くなってきていてタイム差は縮まっていましたが、自分はこの公式練習からが大きな課題だと思っていました。
想定はしていたが、この公式練習でまたコンディションが大きく変わりタイムも想定より上がらず。
ただここで他社はタイムが大きく上がりこの週末で一番の差をつけられる。
やはりここからが難しい。

タイムトライアル
今回も2グループに分かれての走行でまたしても後のBグループ。
アタック自体は悪くなかったが公式練習よりタイムアップできずグループ11番手総合19番。
トップとはコンマ5秒差で前回の菅生大会と同じく一発タイムに課題が残るタイムトライアルだった。


第5戦予選ヒート
今回は予選もグループ分けで、自分はAグループの10番手から。
1台抜けば決勝に向けて2ポジション上げることができるので自分にとってはチャンスでした。
得意のスタートでポジションを上げて7番手に。
序盤はトップ集団に何とかついて行くことができ、前のバトルで一時期6番手まで浮上するが中盤からペースが厳しくなり離され始め、タイヤも予想以上にキツくアンダーが強くなってしまい後半はタイヤの摩耗を抑えながら走行。
序盤のマージンと後方のバトルのおかげで順位ドロップは7位までで済み7位でフィニッシュ。
予選中のベストタイムは11番手タイムで相変わらず速くないもののレース展開で上手く順位を上げることができました。
ただタイヤの摩耗が予選では予想以上にキツくどうするか明日に向けての課題が増えました。


7月31日 (日) 晴れ ドライ

公式練習
昨日の予選の感触から昼に行われる2レース目の予選に向けてタイヤの皮むきをして途中から決勝に向けてのロングランのテスト。
昨日の予選では順調に順位を上げることができたが、タイヤの摩耗があまり良くなく決勝に向けて改善方向を探る為変更。
タイムはB S勢と比べて差は大きかったが、タイヤの摩耗は昨日より改善されている部分があり少し方向性を見つけました。


第5戦決勝ヒート
13番手イン側スタート。 序盤の争いやタイヤのマネージメントで何とか一つでも前でゴールしてやろうという気持ちでいきました。 オープニングラップで上がり7番手に。
序盤ではすぐに1台抜き6番手に浮上。
トップ集団から離れた場所で後もバトルをしてくれて単独走行に。
このタイミングからタイヤを労わり昨日の予選のフィーリングからタレを感じ始めたら一気に変化し出すことが分かっていたので後ろや周りのペースを見ながらタイヤをセーブしていました。
中盤から他社のドライバーがペースアップし始めてついていけなくなりタイムを落とさないで走るので精一杯。
コンマ3〜4ほど遅く、中盤過ぎからは無理をせずあまりにもペースが違うドライバーは行かせてバトルになったら集団を作ってしまうリスクを避けるため我慢しながら周回。
最後までペースは逆転することはなく、12位でゴール。
他者のペナルティーで繰り上がり10位。
スタートでのジャンプアップで順位を上げることができ、トップ10内で終えられたことは良かったです。
予選以上に決勝でのタイム差には正直びっくりした。

第6戦予選ヒート
新品タイヤでの予選では昨日の公式練習ではタイヤのオーバーヒートを起こしてしまったこともありこの予選が一番心配でした。
更に1レース目は予選落ちがあった為2グループに分かれて予選が行われたが1台リタイヤしてしまったので本来の1グループでの予選に。
順位を上げるのが難しい状況になりました。
19番手スタートからスタートは目の前のクラッシュが3回ほど起こりギリギリ避けながら突破し順位アップ。
15番手ぐらいまでポジションを上げることができたが序盤から昨日の予選と違いペースが上がらない。

それでも何とか前のバトルなどで上手く順位をキープしてタイヤを労わりながらレースを展開していたが、ラスト3周の最終コーナーで前のバトルの混乱に巻き込まれてしまいクラッシュしリタイヤ。
昨日の予選以上に後方からのスタートとペースが悪かったので難しいレースでした。

第6戦決勝ヒート
リタイヤにより30番手からのスタート。
この週末はずっとタイヤの摩耗を改善しようとするとタイムが出ないのとフィーリングが悪くなり、フィーリングを良くするとタイヤの摩耗が悪くなる症状がずっと続いていてこのバランスを良くするのに非常に苦戦していました。
決勝に向けてチームと相談してどっちに振っていくかを決めて決勝にいきました。
スタートは一番混乱が起きない後方のスタートだったこともあり、1周目から大幅にジャンプアップし、17番手あたりまで浮上。
これまでのヒートから序盤はいけるだけ行った方がいいなと思ったので決勝は序盤からプッシュして序盤の若干のマージンがあるうちに順位を上げていく。
中盤からはペースが上がらず徐々に後退。後半は序盤のプッシュの影響もありタイヤも摩耗も悪くペースが落ちてしまい最後は単独で18位でゴール。
ペナルティーの繰り上がり17位で終えました。


昨年は一時期トップを走り序盤は良いレースができていて今年こそはという思いでA P G
へやってきましたが、テストの段階から他社との差が予想以上に大きく苦戦。
今年の大きな問題の一発タイムも改善できず難しいレースウィークでした。
ここ最近はタイヤテストや前週のスポーツ走行などではタイムやフィーリングは良いもののいざレースウィークに入り他社のスペシャルタイヤが走り出すと大きくフィーリングが変わりレースウィークにしか出ない症状が多くこの対策ができていないのが現状です。
ただその中でもレース展開やチームとタレないセットや乗り方など研究し1レース目ではダンロップ最上位、そして唯一2レースともポイントを獲得できたのは良かったです。
もう後半戦に入りなかなか苦戦が続いていますがチームやダンロップタイヤ様と共にできることや課題を一つずつ克服していきたいと思います。
ダンロップ様やチーム、スポンサー様、応援してくださっている方々応援ありがとうございました。
次回はOKCHAMPシリーズの最終戦になります。
このワンメイクレースで速さや強さを証明しながら2レースとも優勝を狙っていきたいと思います。

朝日 ターボ